借金を弁護士に解決してもらう値段の目安は

借金3

弁護士に借金解決を依頼すると相応の費用がかかりますが、値段以上のメリットを得られるのが債務整理です。返済できない借金を抱えているといずれブラックリストに登録され、あらゆるローンの利用ができなくなります。

弁護士報酬以上に借金を減額できるなら、債務整理をしてブラックリストに登録されてもデメリットは非常に小さいと言えます。

関連記事:借金の解決に弁護士ランキングを活用しよう

債務整理の値段の内訳を知っておこう

借金12

弁護士の借金相談は無料対応してくれる事務所が目立ちますが、これは債務整理をすることが前提となっているためです。債務整理ができない借金は存在しませんから、相談後はほとんどの方が依頼します。債務整理をすればブラックリストに載りますが、数日で取立てをストップして返済できる金額まで借金を減らせるメリットは絶大です。

借金は放置しておいても催促され続けるだけですし、債務整理をしなくても長期延滞をすればブラックリストに載ります。借金から逃げていても、いつかは債務整理をする必要性が出てくるわけです。相談料は無料または有料であり、有料だと30分で5,000円+消費税という値段が一般的です。

債務整理の値段は任意整理・個人再生・自己破産によって異なり、着手金・基本報酬・成功報酬などの内訳があります。値段はトータルして考える必要があるので、着手金が0円だから安く収まるとは限りません。一昔前は弁護士より司法書士に依頼したほうが安くなるのが普通でしたが、最近は大きな違いは見られなくなってきています。

弁護士は1社からの借入が140万円を超えていても処理できるため、多額の債務を抱えている方は弁護士に相談するのが得策でしょう。

任意整理の値段は債務整理で最も安い

任意整理の値段は着手金・基本報酬を含めて1件あたり2~5万円が相場です。債務整理の中で最も値段が安く設定されており、整理したい会社を自由に選択できるメリットがあります。例えば任意整理の値段が5万円の場合、あと3万円で完済できるキャッシングを整理すると損をするでしょう。

また担保付きのローンを整理すると担保を失うことになり、こうした整理したくないローンを除外できるのが強みです。個人再生や自己破産は整理するローンを選べず、すべてのローンを一括整理する必要があります。任意整理はキャッシングやカードローンなど、多目的の高金利ローンを整理するのに最適です。

弁護士に相談しにくる方は100万円以上借りていることが多く、月に数万円も利息を払っている方が目立ちます。すでに借入総額の2~3倍の利息を支払ってきた方もおり、完済できないループにハマっているのです。任意整理をすれば利息が全額カットされますので、現在より確実に返済を楽にすることができます。

整理後の借金は元金を3年かけて返済していくことになり、2回続けて延滞すると一括請求されるので注意してください。一括請求されると再び債務整理が必要になるので、余分な費用がかかってしまいます。

個人再生と自己破産の値段はどのくらい?

個人再生の値段は着手金・基本報酬を合わせて40~50万円が相場となり、任意整理よりもかなり高額になります。ただ借金を5分の1まで圧縮できますから、多額の借金を抱えている方にとってメリットは大きいです。元金を大幅に減らしてもらった上に、将来の利息もカットされるのです。

個人再生は住宅を残しつつ借金を整理できるので、自己破産をして家を失うのだけは避けたい方に適しています。またギャンブルで作った借金も整理できるなど、逃げ道が残されています。弁護士報酬を一括で支払いできない方は、分割払いに対応してくれる事務所を選ぶとよいです。

自己破産の値段は個人再生と同様に40~50万円程度で、借金をゼロにできるので個人再生より費用対効果は高くなります。自己破産は住宅を処分する必要がある、浪費で作った借金は免責が認められない可能性があるなどのデメリットがありますが、それ以上に債務をゼロにできるメリットは大きいです。

弁護士報酬は個人再生と大差ないこともあり、債務整理の選択肢としては個人再生よりも自己破産のほうが10倍近くも選ばれている現実があります。

過払い金請求は値段以上の効果があります

弁護士の公式サイトを見ると、トップページで過払い金請求の紹介をしているサイトが少なくないです。過払い金請求は8~9割が完了したと言われていますが、存在を知りながら弁護士に依頼していない方は相当数います。

過払い金は他人事だと思っている、相談料・弁護士費用などで高額なお金がかかりそう、などが原因のようです。ただ相談するだけなら無料の事務所が数多くありますし、過払い金が発生している場合は100万円以上回収できる可能性が少なくありません。

過払い金請求の値段は着手金・基本報酬を含めて1件あたり2~5万円が相場で、それに加えて成功報酬として回収した過払い金に対して20%程度がかかります。

過払い金請求の依頼は過払い金調査をして、弁護士報酬以上の返還が見込まれる状況で行われるので安心です。

キャッシングやカードローンを長年利用している方なら過払い金が発生している可能性が高く、1件につき100万円以上戻ってくる方もいます。100万円が戻ってきた場合は着手金や基本報酬・成功報酬などを含めても25万円程度で収まりますから、75万円は自分が受け取れることになります。

関連記事:借金解決の弁護士費用を払えない場合の対処法は

値段に加えて実績も考慮しよう

弁護士6

弁護士に借金解決を任せるときは、値段だけで決めるのは得策ではありません。実績も考慮する必要がありますので、今までの借金問題の解決実績、事務所のおすすめポイントなどを確認しておきましょう。値段よりも費用対効果を考えて選ぶと失敗しないため、特に過払い金請求をする方は意識する必要があります。

過払い金回収は弁護士の実績がそのまま出やすく、回収率に大きな差が生じてきます。過払い金の回収額が100%と30%では大きな違いがありますので、実績ある弁護士に依頼する必要があるでしょう。

法律事務所の公式サイトには回収実績のある消費者金融名、回収額の平均などを記載していることが多いです。実績ある弁護士は平均して100万円以上を回収していることが多く、弁護士報酬をはるかに超えるリターンを期待できます。

過払い金請求はブラックリスト登録には該当しませんので、返済中はもちろん完済後のローンにも返還請求を検討してください。

返済中のローンに多額の過払い金が発生していれば、債務整理をせずに借金をゼロにできる可能性があります。